1. ホーム >
  2. 主なコンサルティング規格のご紹介
Imgiso39001

主なコンサルティング規格のご紹介

ISO39001道路交通安全マネジメントシステム

※コンサルタントのご登録を御控えください。

ISO39001の概要

ISO39001は道路交通事故による死亡者や重大な負傷者を減らすことを目的に、さまざまな企業や組織が取り組むべきマネジメントシステムの要求事項を定めたISO規格です。ISO39001を導入することで組織の道路交通安全の取り組みの明確な目標やアクションプランを作り、マネジメントシステムとしてPDCAサイクルを回しながら継続的に改善していくことができます。

ISO39001の規格策定の背景と経緯

世界における道路交通事故による死亡者は、毎年約130万人、負傷者は、毎年2~5000万人と言われており、道路交通安全は、世界中の国々で、大きな関心事となっています。このような中、道路交通事故による死亡者と重大な負傷者の削減を目標としたISO39001の策定が2007年に始まり、2012年11月にISO(国際規格)として発行される予定です。

  • 2007年 スウェーデンにより規格策定が提案される。
  • 2009年 ISO39001国際審議会(ISO/PC241)に日本が参加
  • 2012年 40カ国、15団体がISO/PC241に参加し、11月にISO39001発行予定
pagetop

対象となる企業・組織

  • 乗客、貨物運送(配送)に関係する企業、組織
    (バス、タクシー、トラック輸送、レンタカーなど)
  • 自動車の設計、製造、保守、検査などに関わる企業、組織
    (自動車メーカー、品メーカー、整備工場など)
  • 自動車を使用する企業、組織
    (通勤、営業、配送など)
  • 道路の設計・保守に関係する企業・組織
    (設計コンサルタント、建設業者)
  • 道路交通関連法規の制定、規制に関わる組織
    (国、地方自治体)
  • 駐車場を有する企業、組織
    (スーパーマーケット、駐車場管理会社など)
pagetop

認証取得企業のメリット

人命尊重、社会貢献、CSR推進

道路交通安全には、多くの組織やそこで働く人々が関与しており、この共通したISO39001を利用して、お互いに道路交通安全への責任を共有することになる。このように、多くの関係組織・人々が責任を共有することで、死亡事故や重傷事故などの交通事故を減らすことが可能となる。

コスト削減

ISO39001認証取得により道路交通事故を減らすことで、ISO39001運用に関わる費用以上のコスト削減が可能になる。例えば、事故による損失費用の削減、保険料の削減、燃料費の削減、損害賠償金の削減、などがある。

企業、組織のブランド価値の向上

ISO39001取得企業として、企業、組織のブランド価値が高まり、「道路交通安全に関して正しく経営されている会社」としての評価をされる。また従業員のモラルの向上、営業効率の向上、営業機会損失の防止も期待される。

操業機会損失の低減

企業、組織の存続にかかわるような重大な道路交通事故が起きる場合がある。ISO39001で道路安全のマネジメントシステムを構築することにより、そのリスクを低減させることができる。

pagetop

※コンサルタントのご登録を御控えください。

業務の質評価センターのコンサルティング

ISO認証を取得したい取得済みのISO認証をもっと活かしたい、ISO認証は取得せずに要素のみ取り入れたいなど、業務の質評価センターでは企業様のあらゆるニーズに対応したコンサルティングプランをご用意いたしております。

●株式会社 業務の質評価センター コンサルタント実績エリア
東京事務所 拠点
TEL.03-5815-8540
北海道、山形、宮城、茨城、福島、東京、埼玉、千葉、神奈川、山梨 栃木、群馬、新潟、静岡、名古屋、京都、大阪、兵庫
鹿児島事務所 拠点
TEL.099-213-0511
岡山、広島、愛媛、香川、徳島、高知、福岡、佐賀、長崎、大分、熊本、宮崎、鹿児島、沖縄
pagetop